仕事・転職

元銀行員が転職しないと得られなそうだったメリット3つを徹底解説

元銀行員S(@2ndpenguin1986)です。

最近は転職する人が少しずつ増えてきましたね。

ですが、

「転職したいけど自分にはできなさそう」

「転職したらいいとはわかっているけど中々行動できない」

って方もいると思います。

 

私は半年ほど前に転職しました。

当時私は地方銀行の銀行員で、融資課の係長をしていました。

同期の中で最短で係長になったので、実は出世街道を進んでいました。

 

係長になりたての時は業務が回りきらずにひたすら残業や休日出勤。

残業時間のトータルもオーバー寸前までいき、

肉体的にも精神的にもかなりギリギリのところまで追い込まれました。

 

その時は何とか乗り越えたものの、課長や支店長の姿を見て将来の自分の姿を想像。

今以上に心も体も疲弊して、夜も休日も会社の為にささげた結果、得られるものの少なさに愕然として転職を決めました。

 

選んだのは会計事務所です。

お金に不自由しない生活をするには税金の知識は必要だと思ったこと、

銀行員の知識が十分生かせると思ったこと、

ほぼ定時で帰れ自由な時間が増えるということから、

今の職場を選んでいます。

 

収入は一時的に減ってはいますが、

銀行で得た決算書を読む知識などを使えば、

将来的にはアップできる未来が想像できています。

 

転職して最初の方は慣れないことが多かったですが、

もう半年を過ぎていますが転職して後悔したことは未だにありません。

 

そんな転職した私が見出した転職のメリットをお伝えしたいと思います。

転職メリットその1 残業が減る

自由な時間が増える

残業が減ることで自由な時間が増えますね。

この自由になった時間は何に使ってもいいです。

  • 自分の趣味に充てる
  • 家族と過ごす
  • 友人と飲みに行く
  • 副業に使う

仕事の時間って他に何もできないですよね。

平日は一日の大半が仕事で奪われてしまいます。

なので、できる限り仕事の時間は減らすに限ります。

この仕事の時間には通勤時間や準備などの時間も含まれます。

結局仕事に行くために必要な時間ですからね。

最近ではリモートワーク(自宅で仕事ができる)や

週休3日の企業が出てきたり、

今までの当たり前の働き方がドンドン変わっています。

ストレスが減る

長時間仕事すると疲労します。

肉体労働でなければ、肉体というよりは頭が疲労しますよね。

それに拍車をかけるのがストレスです。

楽しく仕事ができていればストレスなんか関係ないかもしれませんが、

ある程度はつきものだと思います。

ストレスをため込むと病気にもなりますし、

何より自由な時間を休むことにつかわないと

身体がもたなくなります。

そのためにもやるべき時に集中して、

終わったらさっさと帰るのが身体にもよいのです。

また、ストレスが減ると心にゆとりができます。

心のゆとりがないとささいなことにもイライラしますし、

気力も失われてしまうので、

ストレスはないに越したことはないです。

収入が減っても副業で稼げばいい

残業が減ると残業代が減ります。

ですが、その分は副業で稼げばいいのです。

その時はアルバイトなどの労働収入では無くて、

ブログなどの資産になるものを作っていくほうがおススメです。

でないと、今までのところと同じですからね。

自分の働く時間をどれだけ短くしていけるかに

時間や頭を投資していくことで、

働く時間を短くしていくことができます。

また、収入の入り口は分散させたほうがよいです。

よく投資の世界では分散投資といって、

株式や債券などを分散しましょうということが言われています。

これは収入も同じで、一つの入り口(会社)だけだと

その会社がダメになってしまったときは

一旦収入がゼロになってしまいます(失業保険は除いて)。

なので、収入の入り口を自分でももう一つ作るんです。

そうすると、仮に会社がダメでもそっちの収入があるのでゼロにはなりません。

それに後述しますが、

副業をすることで新たなスキルが身について、

自分の価値も上がっていきますよ。

転職することのメリットその2 収入がアップする

今のキャリアを活かせば年収が増える

一般的に転職は収入アップすることと思われています。

今の仕事で得た知識や経験を活かして、

新たなフィールドで活躍するというものです。

転職を通じて収入をドンドンアップさせているmotoさん(@moto_recruit)なんかそうですよね。

自分の将来の道筋を描いて、

知識や経験を得ていって、

活躍できるフィールドを移っていくというものです。

どうやって転職で年収を上げていくかのいい例ですし、

仕事を通じてどうなっていきたいかを考えるのに

motoさんの書いたこの本はとても参考になりますので、

読んでみてください。全社会人必見です!

将来の収入がアップする

企業や業界によって、将来どれくらいの収入が得られるかは変わってきます。

あなたの上司がどれくらいの収入を得ているかって知る機会はあまりないかもしれませんが、

お酒の席などで冗談まじりに聞いてみてもいいでしょう。

その収入が将来あなたがもらえるであろう年収になります。

企業もそうですが、特に業界によって給与水準は変わってきます。

なので、高収入をもらいたいと思っているのに

給与水準の低い業界にいたらなかなか無理な話なのです。

給与水準の高い業界は、コンサルや金融、医療関係などですかね。

不動産や保険会社などは成績次第でいくらでも伸ばせたりします。

自分が高収入を求めているのであれば、

業界選びは重要ですね。

戦うフィールドが変わる

例えば私は元銀行員で決算書の読み方、どういったところを気にする必要があるかなどがわかります。

ですが、会計事務所の方で税金や決算書を作ることはできても

どういったところを気にしてアドバイスしたらいいかがわからない人は多いと聞きます。

 

銀行員で融資をやっていたのであればほとんどの人がわかることでも、

実は決算書を作っている会計事務所の人間はわからなかったりします。

そして、このアドバイスするという業務は今業界内ではとても注目されています。

 

なので銀行員同士では当たり前でレッドオーシャンでも、

違うフィールド(会計事務所)で戦えばブルーオーシャンになるのです。

 

できる人が少ないことができればそれはあなたの価値になるので、

収入アップにつながりますね。

 

転職することのメリットその3 スキルが身につく

転職することで新たなスキルが身につく

働く企業が変わると新たなスキルが身につきます。

もちろん業界が一緒であると身につくスキルが似ていることもありますが、

前の会社では経験できないことが経験できたりします。

 

私は銀行から会計事務所に移ったので、

会計や税務の知識、経験を積むことができています。

 

また、中小企業ですと大企業みたいにこれだけやっていればいいというよりは、

総合的に知っておく、やることというのが出てきます。

 

例えば、会計事務所であっても社会保険の知識を身につけておかないと、

そもそもデータの入力ができなかったり、

お客さんとの話で答えることができなかったりします。

副業に関するスキルが身につけられる

私が転職を考えるきっかけにもなりましたが、

マーケティングやプログラミングで有名なマナブさんのこのツイート。

・・・と思ったのですが、該当のツイートを探し出せていません。

 

簡単に言えば、

マーケティング会社に転職してノウハウ、スキルを学びつつ、

副業でアフィリエイトするといいですよ。

って内容でした(見つけ次第はります)

 

実はこれが最強なのかなって思います。

現に、クニトミさん(@kunitomi1222)なんかはwebマーケティングの会社で働きながら、

その知識を得て副業でもバリバリ稼いでいますよね。

 

今は稼ぎ方も多様化しているので、

会社から得られるお給料を最大化することが正解ではなくなってきています。

ツイッターなどを見ていると色んな成功例があると思うので、

この人はと思ったら追いかけてみるのもいいと思います。

スキルを掛け合わせてレアな人材になる

スキルって掛け合わせることでさらに効果を発揮します。

 

ドラクエで転職できることは有名だと思いますが、

ダーマ神殿に行くと転職できます。

そこで2つの職業をマスターすると上級の職業に就くことができるんですね。

その上級の職業は使える技も能力値も高いんです。

 

人生も同じようにスキルを掛け合わせると、市場価値が上がります。

2つのスキルを兼ね備えている人は少ないので、それだけレアってことです。

レアカードって価値がありましたよね?

それと一緒です。

少しでもいいなと思ったら一歩踏み出してみよう

いいなと思っているだけでは何も変わらない

実は自分そうだったんですが、最初に転職サイトに登録したのはもっと早かったんです。

でも、何もしなかったんです。

求人情報を見ているだけで、エージェントの方と面談もせずこういうのいいなとかあれこれ妄想しているだけでした。

 

実際に動いたのはいよいよやばいなって思い始めてからです。

でも、行動を始めたら割とすぐに決まっていきました。

 

人って本当にヤバいって思わないと行動に移せないものですね。

人事異動などの関係でタイミングとしてはギリギリセーフでしたが、もう少し遅かったら転職活動自体できなかったかもしれないです。

その場で出す結論と一週間考えて出す結論

何か決めなきゃいけないことがあって、

今出す結論と一週間悩んで出す結論って変わりますか?

私は変わった結論ってあまりなかった気がします。

 

割と行動するときは慎重派なんですけど、

たまに気が向くと思い切って行動に移したりするんです。

でも、そのときって出す結論って一緒なんです。

 

なので、悩んでいるよりも行動に移してしまったほうが

結果早く取り組めるし、いいことが多い気がします。

 

自分一人で悩んでいても結構らちがあかないですし、

転職ってなると同僚には相談できないと思うので、

転職エージェントと話してみてもいいと思います。

 

無理やり転職させてくるってイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、

それは一部であって、

あなたのことをちゃんと考えてくれる人はいますよ。

まとめ

この記事では転職におけるメリットについてお伝えしました。

私が転職して特におススメするメリットは以下です。

  • 残業が減って自由な時間が増える
  • 戦うフィールドが変わってライバルが激減する
  • 転職することで新たなスキルが身につく

もちろん、中には転職しないで今の会社でもっと働いていきたいって方もいると思います。

そういう方は今の会社で精一杯やればいいと思います。

ただ、目的地に達する手段はいくらでもあります。

その中に転職を入れてもいいのかなって思います。

 

もし転職活動してみようかなって思ったら、転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントは転職に関するプロですし、無料で利用できるので、

利用しない手はありません。

 

また、転職活動してみたいけどどうしたらいいかなって方には別で記事を書きたいと思いますのでお待ちください。

 

それでは!

ブログランキング

ブログランキングの参加はじめました。

あなたの1クリックを私にぜひお願いします!


銀行ランキング