仕事・転職

キャリアプランの決まらない転職活動は確実にうまくいかない話

元銀行員S(@2ndpenguin1986)です。

 

先日トヨタの社長や経団連の方が

終身雇用について話していましたね。

これからは次第に終身雇用の制度がなくなっていくかもしれません。

 

新卒で入った会社に定年まで勤めるという社会の常識が変わり

転職がもっと身近になる日がくるかもしれません。

 

転職活動とはただ会社を移るということではありません。

自分の人生と向き合うことです。

 

転職活動の時は何よりも

自分と向き合う必要があります。

 

今回は転職活動において最も重要な

キャリアプランの考え方について

お伝えしたいと思います。

キャリアプランが決まっていない転職活動について

転職エージェントに詰められた話

私の転職活動初期の話です。

その時私はキャリアプランすら決まらず

なんとなく転職活動をしていました。

 

エージェントから送られてくる求人を見て、

この企業は大手企業じゃないしとか、

もうちょっと給料が欲しいなと

えり好みをしていました。

 

ある時、知人が転職エージェントを紹介してくれるというので、

休みの日に会いに行きました。

 

そのエージェントの方は個人でやっている方でしたが、

前の会社での営業成績などもすごく、

とてもやり手のエージェントでした。

 

事務所に向かいながら自己紹介とか

どんな転職活動をしているかなどを話しつつ、

事務所についてからも私の話を聞いてくれていました。

 

話している最中も

時々かなりツッコミが入り、

答えに詰まることも多々ありました。

 

まさか転職エージェントにここまで厳しくツッコまれるなんて、

夢にも思っていませんでしたが。

 

私の話が終わってエージェントの方が一言。

 

「全然甘いですね!」

 

ええ!って感じですよね。

マスオさんもびっくりですよ。

 

口ではやりたいことがとか、

こういうことをしてみたいとか、

色々と言いました。

別にでまかせのつもりではありません。

 

ですが、本当にそれをやりたいなら

やれることはいくつもあるはずだし、

ただ条件が良ければいいんじゃないですか?

と。

 

そして

「そんな都合のいい案件ありませんよ。」

と言われました。

 

今思い出しても冷や汗が止まりませんね。

あの日は暑かったですが、

暑いのとは違う汗が出たのを今でも忘れません。

 

まさかここまで言われるとは。。

 

ただ、よく考えれば

転職エージェントは転職したい人の人生を扱うわけです。

生半可な気持ちで仕事していないわけですよね。

 

ちゃんと考えもせずに面談に行った自分を恥じました。

相手のプロとしての仕事を侮辱しているようなものですからね。

 

このままじゃいけないなって思いました。

キャリアプランについて考え直した

当時の私をほめたいと思うのは、

ここでちゃんと考え直そうと思ったところですね。

自分で自分をほめたいと思います笑

 

決して他人ごとではなく、

自分の人生の話ですからね。

 

自分の人生に責任持てなくて、

何に責任持てるのかって思いました。

 

そもそも、会社依存だったことに不安を覚えて

転職を志したわけです。

 

なのにまた依存しようとしていたわけです。

キャリアプランを決めるには自分自身と向き合うしかない

キャリアプランと言われてもなんのこっちゃ?

って思いますよね。

 

転職活動はキャリアプランの見直しと言っても

過言ではありません。

 

自分の仕事人生を振り返り

今後進みたい目標となる場所を考え

その目標となる場所へ行くにはどうやって進んだらいいかを

考えることです。

 

なので、キャリアプランが決まっていないと

正直言って転職活動は失敗します。

 

というよりは

決められないと思います。

決める判断基準がないので。

 

ただ一人で決めるのは心配だと思うので、

その辺りは転職エージェントと相談するのが

一番いいと思います。

 

注意して頂きたいのは、

転職エージェントは

転職が決まると私たちの年収の何割かを

転職先の会社から手数料としてもらいます。

 

つまり、転職エージェントは

私たちを転職させたいと思っています。

 

全部まかせっきりだと

もしかしたら転職しやすそうなところに

転職させられるかもしれません。

 

しかし、転職のプロであることも事実です。

すべての情報を一人で探して調べてとやっていると

時間がいくらあっても足りません。

 

転職活動は情報戦です。

得られる上質な情報は使わないと

損します。

 

相談しつつ、自分で考えて決断するんです。

 

転職エージェントの方は味方ですが、

向こうだって営業です。

利用するくらいの強い気持ちで

接しましょう。

キャリアプランの作り方① 今の会社

今の会社でのキャリアは上司を見る

今の会社で自分が今後どうなっていくか。

それを知るには上司を見てみてください。

 

その会社でのあなたの将来に近いのは

あなたの上司です。

 

あなたの上司はどんな感じで仕事していますか?

楽しそうに、やりがいを感じて仕事していますか?

いつも上司の文句ばっかり言っていませんか?

仕事のプレッシャーで押しつぶされそうじゃないですか?

 

よく見ていれば想像できると思います。

今の会社で出世するのはキャリアアップの王道

上司はやりがいがそこまでありそうじゃなかった。

でも、自分はこの会社で働く。

そう決めてもいいと思います。

 

キャリアを上げていくための王道は

今の会社で出世していくことです。

 

私も出世街道には乗っていました。

が、その先のキャリアに希望が見いだせず

転職を志しました。

 

もし残っていたとしても

プレッシャーとストレスでつぶされていたかも

しれないですね。

残留の選択をしても副業はしたほうがよい

残留の選択をしたとしても

副業はすることをおススメします。

 

最初にお伝えした終身雇用や年金制度の崩壊と共に

副業解禁が進んでいますね。

 

結局このままの社会の仕組みでは

老後の資金が足りないよって言われていて、

企業もこれ以上お金出せないよって言っているわけです。

 

自分の将来を守る為に

副業は開始した方が良いかと私は思っています。

資産は分散するのに、

収入は分散しないんですか?って話です。

 

私は将来にワクワクしませんでしたし、

今のままだと副業する時間と精神力もなかったので

転職の道を選びました。

キャリアプランの作り方② 転職する

同業他社か異業種か

転職すると決めた場合には

同業他社か異業種かという選択があります。

 

同業他社であれば

やることは大きくは変わらないでしょう。

 

やることはなるべく変えず、

違った経験ができたり

条件が良かったり

その辺りで選ぶことになりそうですね。

 

異業種の場合は、

場合によっては未経験になります。

 

しかし、私もそうですが、

異業種であっても今の業種と関連するものに転職すると

今までの経験をうまく利用することができます。

今の常識は他の業界の非常識

私が会計事務所に入って驚いたのは

会計事務所の方々は

決算書を見ることについて

あまり知らないということ。

 

作ることはプロですからもちろん

問題ありません。

 

ですが、見方だったりどういうところがポイントかは

驚くほどわからないのです。

 

確かに決算書を間違いなく作るということが最優先ですし、

それはそれで大変なのですが。

 

これにはびっくりしましたね。

正直な話、銀行からしたら

色んな方法で融資の提案ができる

って感じです。

 

あくまで一例ですが、

あなたの知っていることは

その業界では当たり前ではないかもしれません。

 

あなたの当たり前が意味あることなら

とても価値があることなので、

未経験はちょっとなと思わず、

考えてみるのも一例だと思います。

さいごに

さて、今回の記事ではキャリアプランの考え方についてお話しました。

  • キャリアプランの決まらない転職活動は失敗する
  • 今の会社のキャリアは上司を見てみよう
  • 異業種への転職は今の知識、経験が重宝することもある
  • 一人で悩むのが難しいときは転職エージェントに相談する

 

最初にお伝えした通り、

キャリアプランが決まっていないと

今後どうしていくかが決められません。

 

今の会社に残るという決断をするにせよ、

ちゃんと自分で考えて決断をしないと

いつまでもモヤモヤします。

 

転職するなら転職する。

転職しないならしない。

と決めることでそのモヤモヤは消えます。

というより決めないと消えません。

 

キャリアプランって就活のときは将来こうしたいって考えたと思いますが、

会社に入ってからは考え直すということは

なかなかしないと思います。

 

目標は立てて見直さないのと似ていますね。

 

最初から一人でキャリアプランを見直すのも

難易度が高いと思うので、

転職エージェントと話すのもおススメです。

 

一人で考えているだけだとなかなか難しいですが、

誰かとしゃべると相手の質問をきっかけに

意外と自分が何を考えているのか見えてきたりするんですよね。

 

それ以外にも転職するって決めたら

転職エージェントの力はとても頼りになります。

こちらの記事にも書きました。

よろしければご覧ください。

転職エージェントを利用しない転職活動はスーパーハードモードだった元銀行員S(@2ndpenguin1986)です。 今回は転職活動をするときの方法についてです。 転職活動をするとき...

 

それでは!

ブログランキング

ブログランキングの参加はじめました。

あなたの1クリックを私にぜひお願いします!


銀行ランキング