資産管理

家計の見直すには固定費から!元銀行員が解説します

こんにちは、元銀行員のさっきー(@2ndpenguin1986)です。

いつも月のお金のやりくりに四苦八苦していませんか?

家計簿をつけてみたりしても

給料日前になるといつも辛い。

結構がんばっているはずなのに・・・

がんばっているのに辛いと

家庭内もギスギスしてしまいますよね。

 

でも、ちょっと待ってください。

家計を見直すときにはどの費用を見直していますか?

どうしてもやりがちなのが食費や光熱費などです。

これらは一般的には変動費というものなのですが、

この変動費ってがんばってもそんなに大きく家計を見直すことは

できなかったりします。

 

その代わり、固定費と言われる家賃とか携帯代などは

一度見直すとその効果が毎月現れるので

家計はかなり楽になりますよ。

 

この記事では、家計を見直すなら固定費がいいよってことを

お伝えしたいと思います。

家計の変動費と固定費について

変動費について

ではまず、家計における変動費を見てみましょう。

変動費にはこういったものがあります。

  • 食費
  • 水道光熱費の使用料
  • トイレットペーパーやシャンプーなどの日用品
  • 衣類
  • 外食費
  • 医療費
  • 冠婚葬祭費
  • 交通費(電車バス代など)
  • 美容院代、理容代

こういったものですね。

 

では、これらを削減しようとするとどうなるでしょうか?

今書きながら想像していましたけど、

結構辛くないでしょうか?

  • 食費を切り詰めて毎日塩ご飯
  • 寒いけどエアコンをつけないで我慢する
  • ちょっと遠いけどバス代がもったいないから歩く

などなど。

極端な例かもしれませんが、

結構な我慢を強いられているように感じます。

 

でも、変動費ってその我慢相当のメリットが得られるかというと、

なかなかそうはいかないです。

それに、我慢したはずなのに思ったより減っていなかったら・・・

と考えただけでも

涙出てきませんか?

 

本当に頑張ったらコントロールできてしまうのでやってしまいがちですが、

変動費に手をつけるのは最終手段です。

まずは固定費を見直してみましょう。

固定費について

では固定費についてはどういったものがあるでしょうか?

  • 住宅費(住宅ローン、家賃など)
  • 通信費(携帯代、インターネット代など)
  • 保険料
  • クルマの維持費(駐車場代、ローンなど)
  • 月額かかるもの(ジムの会費、動画視聴サービスなど)

このあたりがありますかね。

固定費って何もしなくても毎月引き落としになっていたりしますよね。

クレカだったり口座からの引き落としだったり。

だから、意外と払っている感覚がないんですよね。

 

でも、それぞれの項目を見てもらえばわかると思いますが、

結構どれも金額が大きいですよね。

 

そして、一度減らしてしまえば

その後も基本的にはずっと減っていきます。

なので、変動費に比べると家計に与えるインパクトが

大きいわけです。

 

なので、ちょっと大変だったとしても、

固定費を見直すメリットは大いにあるわけですね。

各種固定費の見直し方

これは分量が大きくなるものもあるので

個別に記事を書いていこうと思いますが、

ここでも簡単にお伝えしていきたいと思います。

住居費(住宅ローン)

あこがれのマイホームを買うにも自分のお金だけで変える人っていません。

ほぼすべての人が住宅ローンを組んで家を買うことになると思います。

そこで、何を見直すかと言えば、

住宅ローンの金利ですね。

 

住宅ローンは金額も大きく、期間も大体が35年で組んでいるので、

例え5年返済したとしても後30年残っているわけです。

しかも、多くの住宅ローンは元利均等返済という

毎月の返済金額が一定の返済方法になっています。

 

返済する元金と借りている金額に対してかかる利息の金額が

徐々に変わっていく返済方法なのですが、

これが最初の方の期間は利息が大きいのです。

 

金利が低いならいいのですが、ちょっと金利が高かった場合、

極論言うと最初は利息分のみ払っているようなイメージです。

 

返済しているようで返済になっていないんですよね。

これってもったいないですね。

 

そこで住宅ローンを見直すわけです。

簡単に言えば、

今の金利が高いローンを金利の低い新しいローンで返してしまう

ことです。

結果金利の高いローンがなくなり、金利の低いローンが残る

こんなイメージですね。

こうすることで金利が低くなり、

月々の返済金額も減ります。

 

詳しくは別記事で書きますが、

月2万円とかかわる場合もあるので、

自分の住宅ローンの金利が1%以上の場合は

ぜひ検討してみてください。

住宅費(家賃)

賃貸の場合も家賃は定期的にかかってきますね。

ただ、家賃っていうのは

  • 住んでいる地域(港区とか高いですよね)
  • 最寄り駅(急行が止まるとか、複数の電車が使えるとか)
  • 駅からの距離(近いほど高い)
  • 物件の築年数(新築の方が基本的に高い)
  • 部屋の数(ワンルームが一番安いですね)

こういった複数の条件で決まります。

大体、地域の相場があるのでそれは不動産のサイトなどを見れば

なんとなくはわかると思います。

 

ですが、それなら利便性が悪いところに住めば

家賃は一気に下がる!

って思うかもしれませんが、それは単純にはおススメしません。

 

別記事でもお伝えしますが、

職場や都心に近い駅というのは家賃が高くても住む価値が十分あります。

 

職場から近ければ通勤時間が短くなって、

時間の節約に加え満員電車での疲労がたまらなくていいですね。

その空いた時間で勉強したりして稼げるようになれば

最終的にはそちらのほうがリターンが大きいですよね。

 

また、都心に近ければ電車やバスで十分生活できるので

車を持つ必要がなくなったりします。

車の維持費というのはバカにならないくらい高いので、

車を利用して安いところに住むよりもメリットがあるかもしれません。

 

単純に家賃の安さ高さだけを考えないで検討した方がいいです。

今の場所がいいならば築年数の項目を新築から10年以内にするなどで

調整しましょう。

通信費(携帯代、インターネット代)

とりあえず格安SIMの導入を検討しましょう。

話はそれからです。

 

やはり大手通信会社は高いんですよね。

僕も元々はauユーザーでしたが、

今はUQモバイルに切り替えました。

電話代が1/3になりましたよ。

そして不便も何もありません。

 

よくわからないだけでちょっとやめとこうかなーはもったいないです。

解説記事も用意したいと思うので、

これを機にぜひ検討してほしいです。

 

そして、インターネット代。

一人暮らしであればポケットWI-FIを使ったほうが

スマホの通信料などと考えると割安かもしれません。

 

わが家は僕が外出していても家に妻がいてネットを使うので

ポケットWI-FIにはしていません。

家族の状況によって何がお得かは変わってくると思いますが、

自分の家族やネットの使用状況を考えて契約を見直しましょう。

保険料(生命保険、損害保険)

保険入っていますか?

社会人になったら保険に入ろう。

とかってよく言われますけど、

独身であれば入る必要はまずないです。

だって、誰にお金残しますか?って話です。

もちろん親にって考えもいいかもしれませんが、

親は親で十分生活はできるのだと思いますから、

入らなくて大丈夫じゃないかなって思います。

 

そして、家族のいる方。

一応僕も生命保険(死亡保険と養老保険)とがん保険と入っていますが、

割と最低限です。

 

養老保険みたいに貯蓄にもなるっていう保険は預金みたいな感じで

老後の蓄えにはいいのかもしれないですけど、

貯蓄になる保険って保険料が高いんですよ。

今だとプラスアルファもすくないので、貯金みたいなものです。

 

だから掛け捨ての死亡保険に入っておけばいいんじゃないですかね?

住宅ローン組んでいれば団体信用生命保険で

住宅ローンの返済になるわけで、

家賃はかかりませんし、

まとまったお金が必要なら最悪家売ることもできますよね?

 

子ども養育費も大学くらいまでになったら

奨学金でも何でもありますし。

 

いやいや何が起こるかわからないから保険はいっぱいかけるべきだ

みたいな考えもわかるんですけど。

 

よくわからないことにお金かけすぎて今の家計が辛いってどういうことですか?

 

って思うんですよ。

だったら保険は最低限にして、

今もうちょっとゆとりある生活をしたり、

その浮いたお金を自己投資してもっと稼げるようになったほうが

よっぽど有意義だと思うんですよね。

車関連(駐車場代など)

まず最初にですが、

持たない選択はできないかを考えましょう。

 

車ってただ持っているだけでとにかくお金がかかります。

運転しなくてもですよ。

駐車場代だったり、保険だったり。

もちろん、運転したらガソリン代もかかります。

 

郊外に住んでいて車がないと生活できないって話もあるかもしれませんが、

もし無くしたらどんな生活になるか考えてみましょう。

ここが削減できるとかなり大きいと思います。

 

また車両代に関しても、

新車じゃなくてもいいですよね。

やはりみんな新車に乗りたいという希望はあるかと思いますが、

中古車でもちゃんと動きます。

そこにお金をかけるとかなりお金が出て行ってしまうので、

落ち着いて考えましょう。

そのお金があれば何ができるのか?

月額かかるもの(ジム会費など)

今回こそダイエット成功させようと思って契約したジム。

気付けば3ヶ月も行っていない。

なんてことはよくある話ですよね。

いっそ解約してしまってもいいんじゃないでしょうか?

 

行きたくなったらまた改めて契約したらいいんですよ。

1ヶ月1万円くらいで、3ヶ月だったら3万円ですよね。

僕も3ヶ月くらい行って、行かなくなって解約しました笑

 

月々かかるってやっぱり大きいもので、

もしかしたら・・・って考えて何もしないよりも

今行っていないとか、使っていないならば

解約してしまうんです。

 

断捨離も一緒じゃないですか。

今使っていないで、当分使っていなかったら

この先も使うことは無いかもしれないですよね。

でも、そこにあるだけで場所は取ってしまうし、

何かを生むわけではない。

だったら、メルカリで販売して本でも買ったほうが

よっぽど有意義だと思いますよ。

 

この月額制のものは解約すればそれでお金が生まれるので、

最初にここに着手するのがいいんじゃないでしょうか?

 

まとめ

生活するにはお金がかかります。

それはもうどうしようもないことです。

でも、見直すこともできます。

特に、固定費であれば一度見直してしまえば

基本的にはその後はずっと下がったままですよね。

 

やるのめんどくさい・・・と思うかもしれませんけど、

今がんばって取り組めば

その後毎月5千円なり1万円なりがてもとに残るんですよ。

 

僕も一時期で徹底的に固定費を見直して

生活コストが格段に下がりました。

僕は副業するために転職して、

定時で帰れるようになった代わりに収入が結構減ったんです。

でも、固定費を見直ししておいたおかげで

収入が減ってもそんなに変わらずに生活することができています。

 

全部やるのが大変ならば

まずは一つだけでもやってみましょう。

一度やって減らせれば

きっとヤミツキになりますよ。

 

それでは!

ブログランキング

ブログランキングの参加はじめました。

あなたの1クリックを私にぜひお願いします!


銀行ランキング